introduction

湧源クラブのご紹介

1980年夏、数学者広中平祐氏が、数理科学に強い関心を持つ高校生、大学生を全国から集めて、最先端の数理科学に触れる機会を提供し、より一層の動機付けとなることを目的に、「数理の翼夏季セミナー」を開催しました。その後、このセミナーは毎年夏休みに開催され、セミナー参加経験者たちが集まって、 1982年に湧源クラブを設立しました。

湧源クラブは、数理の翼夏季セミナーの出身者を中心とする会員間の交流の場を設け、会員の多様性と連帯から生まれる創造的・学術的な活動を行うことを目的としてきました。現在までに、湧源クラブの会員数は1000人を越え、理科学の各分野の第一線で活躍する研究者も多数います。

また、湧源クラブは発足以来、数理の翼夏季セミナーの企画・運営を担当し、人材と運営技術をを蓄積してきました。 2001年には、有志会員が集まって、数理の翼夏季セミナーの運営母体としてNPO法人 数理の翼を設立し、2002年の第23回セミナーから、主に湧源クラブ会員からなるセミナー実行委員会を組織して、セミナーの企画・運営に協力しています。

[カテゴリ:1.湧源クラブの紹介]

{{lastedit 10}}